五回ほどの打ち合わせを経て、

 

今週からリフォーム工事がスタートしました!( ;∀;)嬉しい!

 

雨の日のスタート(:_;)

 

今回リフォームをお願いしたのは、周南市のsofaさん。

 

我らがニクバルトミートをデザインして下さいました。

木目と、シンプルなカンジがなんかおしゃれ。

 

下関だと他に

コーヒーボーイさんとか

 

長府のマガサンとか、

てがけられています。

 

とりあえず出来上がった時はなんか殺風景だなっていうくらいの仕上がりになるとか。それくらいが丁度いいとおっしゃていましたが…。

 

間取りを変えるとかそんな大掛かりなことはないのですが、全体的なバランスを見ていただいて、クロスや水回りの色を決めるときも、「お任せします。。。」とほぼ任せています。

 

私はあったかい色味が好きなので、床は明るい無垢材にしました。

剥がしてまたつけると費用がかさむし、断熱効果も高まるとのことで、もとのフローリングの上から貼る作業。

 

娘は今幼稚園で木工にハマっているので、大工さんの作業に興味深々。

 

大工さん真剣なのであんまり相手にしてもらえませんが、しつこく質問。

「この機械なんですか~?」

「なんでこれ塗るん?」

小声で教えてくれる大工さん。(笑)

 

もとは、床を木目で、天井も木目にしようかという案も出てましたが、

全部白の方が、この木の色が引き立つとのことで、天井も白。

 

そして今日の打ち合わせの最後に、

「建具も白に塗装します。」

 

「はい……え???!!!」

 

もとの建具全部茶色だったんだけど、

白扉ってあんまり想像がつかず昨日は一晩眠れなかったけど…やはり

 

「お任せします。」

 

白扉がどうなるかは後日お楽しみに。(*’▽’)

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)