大きな夢を叶えたければ、

まずは日々の小さなことに目を向けよう。

 

昨日夫婦で確認し合ったこと。

 

主人は今年、海外出店に目を向けていたんですが、あることをきっかけに、一旦ストップ。

 

もっと近くのことをしっかりやってから…という考えにシフトしたようです。

 

今愛情注いで育てているニクバルトミート

大事に育ててきた新下関食堂。

もっともっと愛される素敵なお店に育ててから出発します。

 

小さな日々のこと。

 

細かなスケジュールをこなしていくこと。

優しく人に接すること。

家族を大切に過ごすこと。

毎日靴を揃えること。

トイレをピカピカに掃除すること。

 

少しの行動で変わる、小さなこともろくにできずに

大きなことは叶わない。

ホントにそう!

自分がやると言っておいてできてないこと、たくさんあります。

 

ちょっと気を向ければ、

ちょっと努力すればできることもせずに

言葉だけ大きな夢語っても形にはならない。

 

大きな夢を叶えたければ、

小さな日々のことに目を向けよう。

 

その小さな積み重ねが、

その小さなことを大切にする心の姿勢が、

大きな結果をもたらすはず。

 

今日は旧暦のお正月。

ふと気が付くと、テーブルの上には主人から小さなメモ。

「ミョンミ、いつもありがとう。」

 

小さな日々のことを、大切にしよう。

小さなことから「行動する」ことを心がけようと思った。

 

さあ、新しい一年のはじまりです。

 

「はじまり」を高音チョッテの音色にのせて。

■李淑任ミニコンサート「はじまりの音」。

残席わずか。詳しくはこちら

■ブライダル司会 お問い合わせこちら

■コリアンブライダル 韓国語司会 お問い合わせこちら

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)