『無理に白黒つける必要はないです。』

がーーーーん!!

 

これは3月一番大きかった学びです。

 

3月。

なぜか私は心がずっともやもやしていました。

自分が何にもやもやしているのかわからず、ずっとイライラしたり。

常に心の中で、『答えを出したい!』ともがいていました。

 

もともとはっきりしないと嫌なタイプで、

何かを実現していく時も、はっきりと思い描いて実行していくタイプ。

 

で、先日、おなじみマナカードでみてもらったら

これ、出ました。

大事なところが反射して見えません!(:_;)

 

これです!

HINA

ヒナは月と癒しの女神なんだそうですが、

 

グレー』という意味もあるそうです。

 

そこで言われた言葉が、

「ミョンミちゃん、白黒つけつけなくていい時もあるんだよ。はっきりみえなくてもいい。それは自分の考えがおよばない、あらゆる可能性があるという意味でもある。」

 

ここでがーーーーん!!が出ました。

 

だからもやもやしててもいい。今はそんな時期なんじゃないかな?」

とアドバイスをいただきました。

 

私の中では当たり前じゃない考え方。

 

単純ですがその話を聞いた時から、すごく気持ちが楽になって、もやもや……どうでもいいや、となりました。(^-^;

 

とにかく、今のままでいいや。

今のまま、今の自分の周りや、家族や、やりたいこととか思いは大切に

 

白黒つけないミョンミで、

いってみようと思います。

 

 

今日の遊びは、りかちゃんのサーティワンアイスクリーム屋さん。。。

 

昨年カード占いをお願いした時は、こんな記事も書いていました。

悩んでいる時は、結局どちらを選んでもいい。でも背中を押してもらいたかったら。

■mahaloさんのページhttps://www.facebook.com/mikamahalo

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)