アンニョンハセヨ。ミョンミです。

日韓バイリンガル司会、ブライダルMCをしています。

昨晩新婦様と1週間ぶりにメッセージをやりとりして、優しいお言葉にほっこり。

先日のご披露宴について、

今日はお話ししたいと思います。

幸せそうな笑顔の新郎新婦様。

衣装オフィステンギ

お二人ともに、学校の先生をされています!

挙式はチャペルで人前式。

素敵な会場に韓服も映えます♡

リングボーイは新婦様のご親戚。

お子さんの登場は

会場があったかい空気に包まれますよね^ – ^

この車に乗って登場〜♡

人前式の最後、親御様にご挨拶をするシーン。

私も涙をぐっとこらえながら

マイクを持ちました。

新郎、新婦様共に、

ご家族に大切に育てられて来たお二人

…というのが伝わって来ます。

お二人の思い出や

感謝の気持ちを

言葉でしっかり伝えねばと、

この間、本当に沢山のやりとりをさせて頂き、

思い出をシェアしていただきました。

この日のご披露宴は、

本当に沢山の愛の溢れる結婚式でした!

ご祝辞はじめ、ご友人や、ご同僚、ご親戚からの余興の準備も心がいっぱいにこもっていました。

まずは披露宴の入場曲。

新郎妹さんのピアノと、金剛山歌劇団呉香愛さんのソヘグム演奏。

남산의 푸른 소나무.

本当に贅沢で素晴らしい入場のシーンでした。

楽しかったこともいくつかシェアします。

まずは「新郎ダイエット企画」。

地域の先輩達が、1キロ痩せたら一万円のご祝儀を渡す…と数ヶ月前企画されて当日結果発表!確か…6キロ近い減量に成功した新郎様でした!

新婦様から新郎様へビールグラスのプレゼント。

…を、された時、ビールを注いでイッキ飲みをうながしてくれたご友人が面白すぎた(笑)すごい人材だなと思いました。誰に頼むかって大事ですね!

この企画は、コロナ禍のため、キャンドルサービスをしながらイッキ飲み(恒例の…)、友人に囲まれてイッキ飲み…など、何かとわいわいガヤガヤできない中で、新郎様に少しでも喜んでもらえたら…という新婦様の思いから始まったものでした。

きっと映像やお写真も、後から良い思い出になって楽しめるんじゃないかなと思います^ – ^

何よりこの日のグラスで、毎日美味しいご飯とビールを楽しめるって、いいですね^ ^

そして毎回ステージを盛り上げてくれる

福岡朝鮮歌舞団。

まずはしつこい私のLINEやりとりに快く対応して下さり^^;

また当日の些細なことにも迅速に対応してくれて。安心しかありません。

そして素晴らしいステージパフォーマンス!

本当にありがとう、コマッスンミダ。大好きです!

ご両家のおばあさまへ花束を渡すシーンもとても感動的でした。

コロナ禍の結婚式。

今月は少し落ち着いていて

良かったなぁと思いますが、

準備をされる間はいつどうなるかと

不安も沢山あったかと思います。

お二人と、親御様のお人柄だと思いますが、

当日は本当に沢山の方達が駆けつけて下さり、

二人の門出を祝って下さいました。

私もお二人と

ご同僚の先生たちを見ながら、

こんな先生たちのもとで育つ子供たち、生徒たちはきっと幸せだろうなと感じました。

子供たちからのメッセージ映像も、

一生の宝物ですね。

これからも教職を続けていかれるお二人、

仕事の面でも二人で同じ方向を目指し、支え合いながら、

家庭でも仲の良い夫婦関係を築いていって欲しいなと願っています。

人生の大切な1日を任せて下さり、

ありがとうございました。

いつまでもいつまでも

お幸せに!

Pearlplan

■日韓バイリンガルMCお問い合わせ、ご依頼はこちら

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)