最近、長女がすごく不安定でした。

反抗期なのかなと思ったりもしましたが、

多分彼女なりのストレスや不安があったんだと思います。

ここ数週間、

何度も私につっかかってきて。

なんというか、「キレてる」かんじ?

宿題や、ギターや、

できないことがあれば、

そのできない自分へのイライラを私にぶつけてくる…の繰り返し。

私もはじめは優しく接していましたが、

耐えられないくらい攻撃を受けたら疲れてしまって、

黙ったり、怒ったり…。

なかなかうまくいきませんでした。

でも結局のところ私はどうしたいのか?

娘はどうしたいのか?

怒りたいのか、

喧嘩したいのか。

二人とも全くそうじゃなくって、

仲良くしたいし、

寄り添いたいし、

本当は両想いなんです。

人間だから母親だって腹が立つこともあるけど、

「結局どうなりたいのか」、「どんな結果が欲しいのか」を考えたら、

ただ叱ることではどうにもならないなと思いました。

自分の在り方は自分で決められるし、

娘をすぐに変えることはできないなって思ったら、

私が在りたい気持ちになればいい。

穏やかに過ごすこと選択できました。

娘は小学一年生。

日々の宿題や習い事は精一杯で、

妹にはいつも譲っていて、

寂しかったり、我慢がいっぱいなんだろうなって、

このこの気持ちに寄り添ってみたら、

カッとなったりしたことが、

本当に大人気がなかったなって思いました。

今日は、娘が帰ってから、

ずっとそばで宿題を見守って、

一緒に遊んで、

ゆっくりお風呂に入って、

絵本を読んで、

クイズ遊びもして、

ぎゅっと手をつなぎながらねんねしました。

すごく幸せそうで、

落ち着いていました。

娘を変えようと、

話したり、叱ったりしてもだめだったけど、

わたし自身が穏やかでいようと決めたら、

すぐに変化があらわれました。

本当に求めているものが何かをちゃんと察してあげること。

相手が変わることを求めず、自分から変わること。

子育てだけではなく、

全ての人間関係において。

相手を変えようとすることは本当に難しい。

自分ができることをまずするのが、大切だなって思いました。

私と娘との日々の小さなバトルはまだまだ続くと思いますが、

自分も含め、いろんな成長を楽しんでいこうと思います(^^)

「自分から変わる」と、

当たり前ですが確実に変化があるのでおすすめです。

…というお話でした。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。