好き、嫌いで直感的にやる、やらないは大事なことだと思います。

でも、興味があってやってみたけど、やっぱりはじめはうまくいかなくってすぐやめちゃう…ていうことってありませんか?

『できないこと』『うまくいかないこと』は楽しくなかったりするんだけど、それをなんか『嫌い…』と思わずに、一定期間続けてみることも大事なことだと思うのです。

私はカヤグムの弾き語りが好きです。

でも新しい曲をはじめたら、慣れるまでなかなかうまく歌えないし、できないことに気落ちしたりもします。

でも同時に、あと、数十回同じことを繰り返したら、必ず『できる』ことを知っています。

だから、できない間もひっくるめて、弾きがたりをすることが好きです。

娘の歌のレッスンをするときも同じように考えています。

今までたくさんのこどもたちを指導してきましたが、一定期間やると、本当に突然、ぐっと延びる瞬間があります。

やりたいことがあるときは、目先のつまづきや、できないことに対するイライラを見るよりも、できたときの自分をイメージして、それを始めた時から叶った時、そのすべての過程を愛してあげてください。

『続ける』ということはなかなか難しいかもしれませんが、この『少し続けてみる』だけで、見えるものが違ってくると思います。

◼️カヤグム弾き語りお問い合わせ

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。