思い描いたことを形にするタイプと、作っている途中でどんどんアイディアがわいてくるタイプ。

どっちもいいですよね♥️

あなたはどちらですか?

今日は長女の絵画教室の日でした。

スポンジと絵の具を使って、

『未来の我が家』を描いたようです。

毎回レッスン後先生とのお話が楽しみなんですが、今日聞いた話。

長女の面白いところは、始めにこんなの作ろう、ではなく、作りながらどんどんアイディアがわいてきちゃうとのこと。先が見えないそうです。

なんかこの話を聞いて、この子らしいな…と納得。

生活の中でも、思いついたことをいつどんな状況でもやり始めてしまう💦

今日もレッスン中に何度も『キラめいた!』(ひらめいたのことらしいです 笑)と言っていたようです。

最近家でもちょっと悩んでいたんですが、この『キラめいた!』

何かと言うと、私としてはできるだけひらめいた時にそれをさせてあげたい。

『やりたい!』って思った時にやる集中力ってハンパないと思うんです。

絵を描いたり、文字を描いたり、本を読んだりするのも、自分が『今だ!やりたい!』て思った時と、無理にさせた時とじゃ頭の中身が全然違うと思う。

長女はこの『突然やりたい』、『ひらめいた』が多いから、やりたいと思った時にどうぞ~と、させることにはしていました。

でも、周りを気にしなくてもいいのかな…とか思ったり。

夕食の時間になっても絵を描きたいと言ったら、妹とは一緒に食事をせず2時間後に…ということもあったし、

幼稚園に行く前に手紙を描きたいと言い出したら遅刻は当たり前。

これ、どうなんだろう…(-_-)と悩んでいたんですが、先生があまりにも娘の『きらめき』を楽しそうに話してくれるので、

あ、

これでいいやって思いました。笑

もちろん学校など集団生活をしながら、自分勝手はよくないけど、

家で私が許せる範囲なら、

この子のひらめきとか、今だ!と没頭しているその集中力を、大事にしてあげたいなと思うのです。

きっと長女の『ひらめき』を大切にすることがこの子の『きらめき』に繋がるのかな…と思いながら。

次回の教室は写生だそうです。

下見でお外を先生と散歩しながらすでに大興奮の長女。

次の作品が楽しみです。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)