アンニョンハセヨ。

日韓バイリンガルMCのミョンミです。

今日は今年最後のお仕事、

ブライダルのお打ち合わせでした。

image
仕事帰り、主人がパシャリ?

今日は打ち合わせについてお話ししたいと思います。

【司会打ち合わせはどのように進んでいきますか?】

・私はお二人のご希望、ご要望を何よりも大事にしています。
それによって演出や順序もことなってきます。

・ご披露宴の進行を一つ一つ、詳しく確認してまいります。
例えば、退席のシーン。
どなたと?誰が声をかける?サプライズ?その方とのエピソード、インタビューしてもいい?…等など

・プロフィール紹介をご希望の場合は合わせて確認させていただきます。

   プロフィール紹介についての記事はこちら

【打ち合わせの時期は?】

ご披露宴の1カ月~2週間前
衣装、ご列席のゲスト、会場コーディネート等、ある程度の内容が決まってから行うことが多いです。

【準備することは?】

ご祝辞、乾杯のご発声や、スピーチ、余興など、依頼された方のお名前とご紹介を教えていただけたらありがたいです。

本日打ち合わせを終えられた新郎新婦様、

『なんか、見えてきた~?』とおっしゃていました。

そう、司会打ち合わせは

新郎新婦お二人に当日のご披露宴を描いていただく

とても大切な時間なのです。

そのお二人の描いたご披露宴をカタチにする

設計図を作るのがこの日のMCのお仕事です。

短い時間ではございますが、

お二人の思い、たくさん聞かせていただけたら幸いです(^-^)

式場入口には門松。お正月を感じます。
image

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。