現状に満足すると、それ以上は良くならないんじゃないかとよく言われますが

逆じゃない?

今に満足することで、足りてると思うことで、次のステップ、新しい環境が準備されるんじゃないでしょうか。

 

最近家が欲しくてたまらなかった私。

子育て中、(いや、子育てが理由じゃないかもしれないけど 笑)家の中が荒れてる。

四人で住むには狭いなあと最近ずっと思ってた。

一度思うとずーっと頭から離れず、

自分の家の住みにくさや足りないところばかりに目がいってしまった。

 

ついに物件探しもスタートし、内覧までしています。(^-^;

 

でもふと、立ち返って、

ゆっくり考えてみました。

 

ホントにこの家住めない?

今、いる?

私この家すっごく好きじゃなかったっけ?

 

今の家を自分がちゃんと整えてる?

過ごしやすい環境つくってる?

広さだけのせいにしてない?

 

そんなことを考えていくと、

まだまだ住めるし、

もっときれいにしたいし、

大事にしたいし、

すごく気に入って住み始めた家だったなって、新婚当時を思い出したりした。

 

外側の原因より自分の中のありかたが大事だなって思った。

 

 

ない、ない!足りない足りない!って思ってるうちは、

ずーーーっと足りない状態が続くと思う。

仮に前の私が広い家を手に入れても、また新たな『足りない』を探して足りない足りない、ちょうだいちょうだいが、続いていくのだと思います。

 

足りてることに気づくと心がとっても豊かになる。

満たされることで心の余裕も生まれ、また別のものに目を向けれるようになる。

 

じゃあ勉強とか習い事とか、現状に満足して伸びるんですか!っていう話にもなりますが、

とりあえず一旦自分を受け止めてあげることが大事なんじゃないかな。

 

今の自分はこう。これでいいんだ。

本心でそう思えたらそれで良くって、いやいや私はもっとやれる、もっといけるって思うならその心に従って動けばいい。

 

ここ数日間、私の家探しに振り回されたマイファミリー、ごめんなさい。

でも大事な気づきを得ることができました。

 

今は、そのタイミングじゃないようです。

 

今の家での生活に感謝して過ごすうちに、いつか新しい環境、新しいステップが準備されるんじゃないかな^^

足りてるってことを知ることが大事。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)