「好きを仕事に」。
誰もが願う理想の生き方。

でもそもそも自分の好きなことって何だろう?って疑問に思ったことはありませんか?
好きな仕事を、
どんな風に働いていったらもっと豊かな人生になるんだろう。

私は司会者として活動していますが、
その他、韓国語の講師や、ウッドバーニング作家、カフェのオーナー、伽耶琴(韓国の琴)奏者などなど、やってることはたくさん。

全部大好きなことなんだけど、なんだかごちゃごちゃしてて、スキルに自信がなかったり、たまに疲れたり、無理もしたりして。

本当に自分の好きなことをしながら、無理なく自分らしいスタイルで、生きていけたらな…というのを、模索していました。

その答えを出すべく、申し込んだのがかさこ塾。

 

2

 

かさこ塾は好きを仕事にする大人塾。
念願叶って下関での開催ですT^T

 

3

 

かさこさんのブログはこちら

 

1日目の今日は、自己紹介を終えた後、かさこさんの出す11の質問に答えながら自分の「好きなこと」のヒントを探っていくワークを行いました。

そこで最後の11問目。
「あなたの理想の生活は?」という質問に私の出した答え。

広い部屋。(切実)
綺麗な部屋。
ゆったり、アロマとか。
子どもたちと遊ぶ。
子どもに色んな経験をさせる。
家族が仲良し。
家族が健康。
オッパのサポート。
司会月2回。

え…

時間制限はあったものの、
お仕事関係でパッと出たのは
月2回の司会だけ。
私の理想…、全然仕事してないですね(^^;;

いや仕事をしたくないんじゃないですよ。今やってることが好きなことっていうのはよーく知ってる!

ただ理想の生活が、家族のことだらけだった。子どもや主人の顔、家庭生活ばかりがはじめに強く頭に浮かびすぎて。
…でもこれが私にはとっても大事な気づきでした。
それは、私が家族を本当に一番に大切に思っているという自信をまずくれたこと。

いつも仕事のことを考えると、子どもへの罪悪感や申し訳ない気持ちばかりが先立っていました。
この度のかさこ塾を受講するのもそうだったから。
でも家族第一、子どもたち大好き、主人大好き、を前提に、好きな仕事と向き合う。
うまく表現できませんが(司会者のくせに(^^;;)これから考えるお仕事のこともとても柔らかな気持ちで向き合えるような気がするのです。

今日自己紹介をした時に私の2つの思いを話しました。
1つは幸せな夫婦や家族の輪が広がっていくこと

もう1つは韓国のステキを発信すること

…あ、やっぱりここも自身の家族ではないけど一番は「家族」。

「好きを仕事に」
今日見えたことは私自身も、仕事においても、大事なキーワードは家族の幸せ。

夫婦や家族の幸せのために私が役に立てること。
それが私好きを仕事にするヒントなんじゃないかな?

 

とっても優しい気持ちになれたかさこ塾初日。

 

これから一か月間、しっかり自分と向き合う期間にしたいなと思います。

 

 

無題

かさこさんと^^

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 現在ヨガアライアンス取得のためのコースをとっています。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)