アンニョンハセヨ。

日韓バイリンガルMC・ブライダル司会者の
オ・ミョンミです。
下関を拠点に司会やカヤグムの演奏活動を
行っています。
{E3A66A00-52A9-4B52-826A-E3EB4FA17FD5:01}

今日はキャンドルについて

お話したいと思います。
いつも書いていることのようですが
結婚式・ご披露宴には
様々なセレモニーや演出がありますが
その意味を知ることで
より意義深い時間になりますし
お二人やゲストの皆様との
絆も深まることと思います。
キャンドル…。
キャンドルには古くから
闇や悪霊を払い、
聖なる天使を呼ぶ尊い炎
という言い伝えがあります。

カップルがテーブルを回って

ゲストテーブルのキャンドルに点火するのは

「二人のために参列していただいた
ゲストの方々の幸せを願って」。


{A3AC3409-F9F6-4D8F-BD6A-EB98BB83E309:01}

そしてたくさんの祝福を受けて、

多くの方々が見守る中、
メインキャンドルに点火し、
永遠の愛を誓う
…というスタイルになったようです。

“ゲストの幸せを願う”
キャンドルサービスは
そんな気持ちで
各テーブルにご挨拶ができたらいいですね^_^


{D47568D3-E92B-4F02-A7F1-99312C2E9ABA:01}




ウェディングケーキ同様に、
キャンドルを使った
様々な演出がございますので
また次の機会にご紹介します(≧∇≦)


The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)