その答えは、

いる

ですよね(^◇^)

ポイントは

手をかけずに目をかける。

手助けというか、目助け???



これは子育て全般に言えることだと思いますが。
親が関わりすぎ、手伝いすぎ…ならまだしも強制…。こんなの絶対好きになるはずがありません。
先生にも言えることだと思います。

教えるんじゃなくて、

育つをサポートしてくれる先生。

これが成長のポイントだと思います。

そしてラッキーなことに、そんな先生に出会うことができました。
今年からうちの娘はピアノと英語とバレエを始めました٩( ᐛ )و(ピアノと英語は同時に習える教室)
今の所どれもとっても楽しそうに通っています。
何を習うかは娘を見ながら私が決めたことですが、

習い事を始める上で私が決めたことがあります。

⚫︎楽しめるようにサポートする。

⚫︎繰り返しやると必ずできるということを応援する。※遊びながら!

⚫︎楽しさを共有する。



私がこの3つ習い事を始めさせたのは、娘が好きそうなことだということもありますが、より豊かな人生を歩んで欲しいから。

もちろん公文や学研などお勉強系、スイミングや体操などスポーツ系など習い事にも色んなジャンルがありますが、

私の生きて来た中で、歌や踊りは心を豊かにしてくれたから。(英語は主人の強い希望。)

 

他はやりたくなった時自分でやりたいって言ったらさせる♡

 

よく子供に任せてやりたいことはさせて、

続かなかったらやめさせたらいいなんて方もいらっしゃいますが、

それはある程度大きくなってから。

 

 

幼稚園のこども、普通の会話を理解することがやっと。

歯磨きしてね。靴は揃えようね〜。私イライラ。
そんな子が、初めて接する音楽やことばや踊りをどう理解していくのか。

 

 

 

楽しみながらやれる環境を作る

 

 

これは習わせた以上親の仕事だと思います。

 

家でピアノ弾いてる、踊ってる、何語かわかんないこと喋ってる娘に、反応することだけは常に心がけています。

 

一緒に歌ったり、ストレッチをしたり、子供との遊びも変わってきました。私も楽しい(*^_^*)
環境作って、目をかけて、それでも興味がなかったらやめたらいい。
小さい子の習い事って、月4回一回60分がせいぜいですよね。

その限られた数十分をものにできるかは、先生の腕だけではない、親の関わりだと思うのです。
美しいものを美しいと、

楽しいものをより楽しく感じられる感性と、
繰り返しやれば身につく!を

 

幼い頃は、遊びながらの中でも

学んで欲しいなという親の願いです。

 

 

だから、こどもの習い事には

親の愛ある関わりが大切だと私は思うのです♡

 
素敵な先生たちに(勝手に)背中を 押され
私も6月頃からこども韓国語教室を始めようと思います。

年中年長さん対象、遊びながら韓国に触れられたらなと思います。

詳しく決まったらまたらお知らせいたします。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。