九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

李淑任高音チョッテコンサート「はじまりの音」、たくさんの拍手をありがとうございました!

 

まだ幸せな気持ちに浸っています。

 

3月2日。정월대보름。旧暦の1月15日。

一年で一番はじめに満月の浮かぶ希望の日。

李淑任(リ・スギム)高音チョッテミニコンサート「はじまりの音」を、私のお店Sorinamuにて開催いたしました。

 

いよいよ今月末でお店をcloseすることになりました。

 

終わりを迎える私にスギムは、「はじまりの音」というタイトルのコンサートを贈ってくれました。

 

終わりがあるからこそ、また新たなはじまりがある。そしてまた終わり、また始まる…というスギムのことば。

 

この満月の日、このコンサートを通じて、たくさんの方々が新たな始まりを感じていただけたら…そんな思いでそれぞれがコンサートの準備にとりかかりました。

オープニングは「はじまりfullmoon」

この日のために作ってくれた曲です。

朝鮮半島の달아달아という曲をベースにしていて幻想的で、不思議と力強い雰囲気もある素敵な曲でした。

私はチャンゴの伴奏をさせてもらいました。

 

一曲目からすいこまれるような高音チョッテの音色。

スギムの魅力は演奏技術だけではありません。

コンサート後たくさんのお客様からいただいた、「トークがおもしろかった!」。

「좋다」(チョッタ)という言葉を覚えて下さいね。「ブラボー」という意味。演奏が良ければ、「チョッタ」をお願いします、と続いた二曲目、演奏の合間にも「チョッタ、チョッタ!」の声が上がりました。

 

서도아리랑(西道アリラン)

アリランについてや、曲の内容もわかりやすく解説してくれます。

 

そしてご年配の方たちには特に耳馴染みのある、

농장벌의 봄(農場の春)

 

蘇州夜曲。

 

韓国ドラマ「イ・サン」のテーマ「約束」は二人で共演。

コンサートの後に、「あの曲が韓ドラのOSTの中で一番好きなんです!!」というお言葉もいただきました(#^.^#)

 

私も、一曲弾き語りをさせてもらいました。

私にとっての「始まりの歌」。

この歌で、たくさんの舞台で演奏するきっかけをいただきました。

「涙そうそう」に、感謝の思いを込めて。

演奏活動を始めてから10年、

色んな思い出がめぐりました。

親しいお客様たち、家族のような温かいまなざしで聞いて下さいました。

 

そしてこの日は、お客様とも共演をしたんです!(*’▽’)

 

お客様には半々に分かれていただいて、ド(シ♭)と、ソ(ファ)の音をハミングで出してもらいました。

んーーーーーーーと、和音が響く中、スギムが長調・メジャーの短い曲を吹いたんです。

そして次にまた同じド(シ♭)と、ソ(ファ)の音をハミングで出してもらいながら、次は短調・マイナーの曲を演奏しました。

 

同じンーーーーーーーーーを歌ってるのに、感じるものが違う。

 

何がいいたいのかというと。。。

自分たちが出している音は同じ、でもほんのちょっっっとの違いで、受ける印象は違う。メジャーになったりマイナーになったり。

ほんのちょっとのことで、人の気持ちやとらえ方は変わってくる。

 

そしてメジャーだからいい、マイナーだから暗くてダメとか

ポジティブがいいこと、ネガティブはダメなこと、とかではなく

 

どちらもまずは、ありのままを感じる。ありのままを受け止める。

そこにはほんの少しの差しかない。

少しの問題を大きくしたり、排除しようと力を使う必要はない。

 

そんなことを和音のワークを通して伝えてくれました。

 

 

そして、どんな状況でも揺るぎなく、当たり前に愛されている存在…というと、子供たち、赤ちゃんたち、ですよね。と続きました。

 

この日は子供たちを愛する母の気持ちを歌った、

너는 나의 사랑(あなたは私の愛)を演奏してくれました。

この曲は、昨年金剛山歌劇団公演でうちのお店に遊びに来てくれた時、店内で一度高音チョッテを吹いてくれて、コンサートするならこの曲はやりたいと、はじめから言ってくれていた曲でした。

そしてリ・スギム、自身のコンサートではじめて、歌っちゃいました(笑)

 

ラストは流光~歳月は流れても~

このお話の中でとても印象深かったことばがあります。

 

流光(リュグァン)、流れる光、私のとってそれは希望です。

皆さんがこの曲を通して希望を感じて下さったら…」

とても力強いメッセージでした。

 

スギムが作曲したものをベースに作られた流光。彼女にとって特別な曲。

実は私の結婚式の入場曲はこの「流光」、私にとっても特別な曲です。

最後の曲を演奏し終わると、この日一番の「チョッタ!」が会場を包みました。

 

もちろんアンコールです!

「アリラン」。

 

 

1時間ちょっとの短い時間の中に演奏家リ・スギム、人間リ・スギムの魅力が、いっぱいに詰まったコンサートでした。

 

 

ミニコンサート「はじまりの音」は私にたくさんの希望を与えてくれた。

お客様も受け取ってくださったのではないでしょうか。

 

 

きっとスギムもそうだけど、

本当に幸せなひと時で、

 

演奏できる幸せ、

たくさんの人に支えられている喜びを深く感じ、

噛み締めた夜でした。

 

そしてあらためて

スギムあなたに出会えて良かった。

 

17年前音楽を通じて出会い、今もこうして繋がってる。

そして昨日はじめて音楽で共演ができた喜びを、私はこの先も忘れない。

 

スギムのように、私も私らしく生きていこうと思った。

 

高音チョッテ「はじまりの音」。

はじまる私の背中を強く押してくれた。

 

足を運んでくださった40名のお客様、本当に本当にありがとうございました!

終演後、二人(+娘二人)で見上げた空には美しい満月が浮かんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

●日韓バイリンガルMC

●日韓国際結婚カップルや、在日コリアンブライダル司会

●日韓ナレーター

●カヤグムの弾き語り

●記念日に贈るメッセージ時計               お問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事