2018年、わたしたち夫婦の合言葉は…

「シエスタ」。

スペイン語で、お昼寝という意味。

 

スペインにはお昼寝の文化、「シエスタ」があります。

今は実際お昼寝をしている人は少ないようですが、

遅い昼食後、14:00〜17:00がシエスタの時間で、本当にお店や企業がcloseしてしまいます。

 

(写真は2011年に撮影)

私たちはハネムーンがスペインで、その時間帯は本当にお店が閉まってて驚いたのを覚えています。

 

スペインの人の好きなところ。

家族との時間を大変大事にする。

そして何よりゆったりとしたライフスタイル。

シエスタという文化にも象徴されています。

 

私に足りない、ゆるゆる感です。(-_-;)

(主人にははじめからしっかり備わっておりますが)

 

肩の力を抜いて、

お互い

そうだね〜、

大丈夫だよ〜、

っていう感じで過ごそうねって

今日決まった合言葉です。

 

 

早速元旦から何かと焦っている私に主人が「シエスタシエスタ」と。

それに私もはっとして、

「シエスタ〜」(;^ω^)

 

ゆったりとした気持ちで、新年がスタートしました。

皆さんもご夫婦の合言葉を作ってみてはいかがでしょう?^ – ^

秘密の暗号みたいで、なんとなく仲も良くなるかも 笑

 

 

話は変わりますがハネムーンスペイン!超オススメです!

今年も私たち夫婦をよろしくお願いいたします♡(笑)

◼︎日韓バイリンガルブライダル司会お問い合わせこちら

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 現在ヨガアライアンス取得のためのコースをとっています。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)