2018年6月17日、父の日。

また新たなカップルが誕生しました。

 

なぜこの父の日に結婚されたのか、

結びの新郎様の謝辞で知ることになりました。

 

新郎様のお父様は、数年前、他界されたそうです。

 

入籍し幸せな自分の姿をお父さんに見て欲しい。

晴れ姿をお父さんに見せてあげたい。

そんな気持ちで『父の日』を選ばれたそうです。

 

40名。

ご親族様だけのご披露宴。

ご両家ともとてもあたたかく、仲が良く…

お父様もきっと喜んでいらっしゃることでしょう。

新郎新婦様、最高の父の日のプレゼントを贈られましたね。

 

 

そんな中、お二人が企画された父の日のゲームがこちら!!!

「父の日けん玉大会」!-----!!

 

このけん玉大会、「父」しか参加資格はありません!

新郎様含め14名の会場のお父さんが参加し、トーナメントで優勝者を決定!

 

開宴前、裏で何度かけん玉やってみたんですが、私には超難しい!!!😢だからこのゲーム、成り立つのか?!ダラダラしないか💦不安だったんですが、結果……。

大盛り上がり!

 

最後は兄弟対決となりました。

優勝者にはトロフィーと賞金が新郎新婦様から渡されました。

何より、新郎様のトークがめっちゃ面白かった(*’▽’)

参加された皆さんもお上手で、

けん玉大会!何気におすすめです!(#^.^#)

 

ご親族様だけというのもあって、本当にアットホームな一日となりました。

 

メインテーブルもこのようにソファで。皆さんと交わりやすく。

 

そういえば私も7年前、父の日に結婚しました。

父の日を選んだわけではなく、お義父さんが選んだ日がたまたま父の日でした。

 

両家とも飲食業をしている蔡家呉家。

私たちはネーム入りのエプロンをそれぞれのお父さんに宴内でプレゼントし、つけてもらった思い出があります。

 

父の日、母の日…、

このような日に結婚式を挙げられる皆さんには、ぜひ今日の新郎新婦様のように、「その日」らしい企画や演出を盛り込まれてはいかがでしょうか^^

 

無事お開きし、この日の夜は父の日の食事会。

なんだかとっても充実の一日でした。

次女と見上げたお空の三日月が、とっても綺麗。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)