『令和』という文字を初めて書いたのは、

だいすけお兄さんへのお手紙!

『令和』なんだか新鮮!

令和元年!5月1日。

だいすけお兄さんの世界(迷)名作劇場が、なんと100回目の公演を迎えました💗ここ下関で。

だいすけお兄さんおめでとうございます✨

公演は12時半と15時半があったんですが、チケットを買ったとき、前の方が空いていたので15時半を選択、家族や姪を連れて観覧しました。

公演は一時間。

あっという間でした。

でもその中に聞きたかった曲がたくさんあって、生で聞けてとっても幸せでした。

娘たちも大喜びで、『だいすけお兄さん!』と叫んでいました。

みんなもそうだと思いますが、だいすけお兄さんの人柄が好きで、歌に対する思いや、目の前の子供たちへの思いやりがすごく伝わってきました。

みんな子育てをしながらだいすけお兄さんの歌に励まされたと思います。

実は昨年参加した童謡こどものうたコンクールで歌った曲も『おかあさんといっしょ』てだいすけお兄さんが歌っていたものでした。

だいすけお兄さんの存在があったからこそお歌の大好きな親子になったし、夢のようなステージに立つことができました。

娘も心を込めて手紙を書きました。

今年は子供部門にチャレンジするって練習中なんですよ☺️

家族みんなで観覧できて、楽しかったことや学んだことを共有できて良かったです。

主人も、ひそかにファンなんだろうなと思います。

ユーモア溢れるだいすけお兄さんの世界(迷)名作劇場。

なんとパート3が決まったようです。

また下関に来てくれるのかな?

GW。ほとんどお出かけの予定がない中、いい思い出ができました💗

だいすけお兄さんも自身のブログに下関公演のことを書いてくれてます。

横山だいすけ公式ブログこちら

ではではまた~^^

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。