カヤグム弾き語り・日韓二か国語司会・あたたかな時を届けます

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

下関山の田Capi gallary

今日はカモンヒルズ764の中継で、

Capi Gallery さんに行ってきました。

もうすっごく楽しくって、

話し足りませんでした(~_~;)

オーナーのミッチェル西村奈杜子さんは

昔私の主人と同じ画塾に通ってらして、

お子さんはうちの子とバレエ教室で一緒でした。

…というちょっとした縁もありまして、

打ち合わせの時も話し足りず、

今日も話し足りず、

また会いましょうね♡とお話ししてお別れしました。

なつこさんが卒業された武蔵野美術大学と、私が通った朝鮮大学校は壁一つで隔たれたお隣さんで、大学の近所のコンビニやカフェの話もできて、なんか懐かしく、楽しかった。

あの辺で会ってたかも知れないね〜って。笑

と、話が早速それましたが、

ギャラリー内、こんな感じ。

Capiワールド全開です!

入ってすぐは、作業台があって、制作途中の作品も。

こちらは、

完成するとこんな感じになるんですよ〜!すごいですね!

2009年、「みんながアートを楽しめる空間を。誰もが自分を表現できる会場を。」という思いを込めて、ご主人やご友人と祖父母の商店を改装しオープンしたというCapi gallary では、展示会や販売、アートスクールも開催されています。

まずCapi の由来を聞いてみました。
制作活動をずっと応援してくれていたお母さんのことを、オーナーの西村さんは「カピちゃん」と呼んでいたそうで、お母さんがいつでも側で見守ってくれている、西村さんの作品と共にお母さんが生き続けている…という思いを込めてCapiとつけられたそうです。

とっても素敵なエピソード。

この左の猫ちゃんが可愛すぎるーーー!

Capi Gallery では、年に二回グループ展を行なっています。
今年はコロナの影響で、一回の予定なんだそうです。

色んな作品が並んでいましたが、陶器の作品がほとんどです。
「日常の中に、非日常でユーモラスなテイスト」がテーマ。
赤ちゃんの顔をモチーフにした作品や、わんちゃんやねこちゃんなどペットをモチーフにした置物やカップ、リングなどもオーダーを頂いて制作しています。

ヒグチユウコさん、あちゃちゅむさんとのコラボ作品も展開しています。

アートスクールも開講中!
皆さん一人一人が表現者。
その方の持っている個性を生かして、「作りたい」「表現したい」思いを一緒に探求していきます。


・陶芸/彫刻(講師ミッチェル西村奈杜子)
月2回月謝7500円 開催日は生徒さんの都合に合わせて調整
・デッサン、色鉛筆、水彩画、日本画(講師井手隆)
月2回月謝5000円
開催日日曜日14時〜17時

そんなCapiさんのワークショップに参加できる「エキマチdeコミュニティアート」が開催されます♡

9月26日(土)、27日(日)11:00〜16:00

一枚の布と石粉粘土のボタンで、スカーフやチュニックなどを作ります。


お友だちの布と繋げたり、時間があれば布に色をつけてみたり、想像を膨らませて下さい!

Capiさんのようなアーティストさんと接していると、スピリットで生きるってこういうことなのかなと、羨ましく感じます。

私も私の中のものを素直に表現していきたいと思います。

またアートって、自分らしさを表現するもの、そしてそれが無限に広がっていく…それが人と繋がっていく…素晴らしい世界をあらためて感じることができましたし。

Capiさんがおっしゃるように、アートで世界が繋がっていきますね。

素敵な時間をありがとうございました。

【Capi gallary 】
下関市山の田本町7-8
tel 083-294-0725
ギャラリー見学の際は事前にご連絡をお願いします。(11:00〜17:00)

https://capigallery.wixsite.com/capi

The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事