元気に生きる方法は

元気な人と一緒に過ごすことだと思う。

私で言ったらこの人。姉、リョファ。

良いエネルギーも、

悪いエネルギーも、

必ず周りに影響を与えます。

だから元気にいたかったら

元気なエネルギーのそばにいることだと思う。

もちろん自分の内側と向き合うとか、

エネルギーの高い食べ物を食べるとか、

元気になる方法って色々あると思うけど、

元気な人と過ごす…は、

すぐ実践できるし、

とってもとっても大切なことだと思います。

この元気は、

うちの姉のように行動がアクティブとか

そんな意味じゃなくって、

心が元気な人。

なんだろう。

自分に素直に生きて行動している人。

自分らしい人というか、

魂が元気な人…というイメージです。

だから逆に

元気のない人、

暗い人、

愚痴ばかりの人

気の合わない人

…他にも色々ですが、

関係にもよると思いますが、

時には距離を置くことも大事かと思います。

私はこの姉には月1ペースでしか会えませんが、

私のパワースポット女に認定、

いつも元気と癒しをもらっています。

そしてこの人と一緒にいると

必然的に自然の中に放り込まれるので、

自然の癒しももらうことになります。

今日もこの通り。

皆さんの周りにも

元気をくれる人がいるんじゃないでしょうか。

そんな人がいたら、定期的に会うことをオススメします。

そして、

エネルギーは循環します。

自分の元気も

相手が受け取ってくれたら良いですね^^

テントを新調してルンルンのリョファさん。

1から立てるのに2時間半。

1秒も休まないんだけど

めっちゃ楽しそうで

途中火をおこしたりもする。

完成したらもっと元気になった。笑

▪️リョファの韓国語教室「リョファ韓

▪️ミョンミの韓国語プライベートレッスンお問い合わせこちら

▪️日本語、韓国語司会お問い合わせこちら

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 現在ヨガアライアンス取得のためのコースをとっています。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)