今日は春帆楼様でご披露宴。

最上階の帝の間です。

天気予報では昨日まで降水確率70%だったのが、今日になってみるとこのお天気。

はじめは曇り空でしたが、時間がたつにつれてどんどん晴れてきました!

お祖母様が、超!晴れ女だそうです(^o^)

今日はテーブル装花がまた素敵で、

見とれてしまう私でした。

このままのカタチデ持って帰っていただきたいところですが、お渡しするときは花器があるのでバラしてブーケです。

今日はね、

新婦様のお父様が、ずっと泣いていらっしゃったのが印象的でした。😅

喜びと、寂しさの入り混じった涙。

2回目の入場はお父様と新婦様で入る予定だったところ、「パス!」とお父様!ヾ(゚д゚;)

…結局一緒に入場してくださいましたが。笑

記念品贈呈はウェイトベアでした。

ウエイトベアは、新郎新婦様の生まれたときと同じ重さのくまのお人形です。

新婦様から贈られたベアを、

お父様はお開きまでぎゅっと

抱き締めていらっしゃいました。

娘を送る父親の思いは、

母親とまた違ったものがあるかもしれませんね。

うちも娘がふたりだから、

自分のこどもと重ねたりして、

アッパ大丈夫かなぁ、泣くかなあ、寂しいかなと毎回想像しちゃいます。笑

今日もご両家様ともに和気あいあいで、

本当に幸せそうな雰囲気が溢れていました。

お父様、娘さんは必ず幸せになるから、

安心してください(*^-^)!

新郎新婦様、ご両家の皆様、

いつまでもお幸せに‼️

◼️ブライダルMCお問い合わせ

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。