今日は月1、長女の絵画教室。

    

場所は住吉神社です。

  

今まで沢山の絵を描いてきたんですが、写生は生まれてはじめての長女。

先生も、どんな作品ができるかと、ドキドキしていました。

   

写生のまずはじめの楽しみは、

『何を描きたいか』

目の前の色-んなものの中から、一か所を選ぶ。

   

場所がきまったら、その描きたい場所を、長方形におさめる!

目にして、あたまの中で見ているものと、表現するものが同じ。

…って、めちゃ高度なことですよね?!

   

だってまず描きたいもの、例えば今日だったら鯉をはじめに大きく描いてしまったりすると、描きたい全体が後々描けなくなったりしちゃう。

少し前まで幼稚園児だった娘にできるのかな?とワクワク。

あとは色!

今まで好きな色ですきなように描いてたものが、見たままの色を作る。これも初めてのことかも。

 

すごい集中力で、あっという間の二時間でした。

 

先生が上~手に助言してくれる。

 

お楽しみだから見ないでねって言われたけど、

あまり楽しそうなので、私は写真を撮らずにいられませんでした。^^

 

完成した絵はこちら。

 

みたまんまを上手に描けたね。

絵具もとっても丁寧に時間をかけて塗っていました。

 

やっぱりピンクを使っちゃうところがうちの娘らしいのですが。

  

おともだちの作品。

 池の色を水色ではなく、みたまんまの色を作ったお友達のを見て、マネをしたみたい。

実際の色とよく似てるね。すごいね~。

 

一見ただのこどもの絵に見えますが、

いや、ただの子供の絵なんですが、

細かいところにも、その子なりのこだわりがあったりするんですよね。

頑張ったところとか、気にいってるところとか

 どんな工程だったのか先生に聞いたりすると、

この絵の楽しさが、もっと伝わってきます。

 

見たまんまを書く…新しい体験をしましたが、

その絵の中にも自分らしさがあって、

本人も出来上がりに満足気でした。

 

自然の風と太陽を体いっぱいに浴びて、

充実の2時間でした。

 

お友達のパパにもたくさん写真を頂きました。

次女ちゃんも一緒にお絵かき。

いい写真もいただきました。(笑)

来月の作品がまた楽しみてす。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。