九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

シオモニからミョヌリへ手作りのノリゲ。親御様からの愛と信頼をしっかりと受けとめて。

 

本日、素敵なカップルが誕生いたしました。

美しい花嫁姿の新婦様。

(新婦様よりお写真の掲載許可を頂きました♡カムサハムニダ♡)

古典衣装も良いですが、このように、韓服にベール&ブーケも素敵ですね。

打ち合わせ当初、挙式の衣装を、1着目と3着目、どちらにしようかと迷っていらっしゃいましたが、本日の新婦様らしい、可愛らしい花嫁姿になりました〜〜(o^^o)

 

飾られたノリゲ。

シオモニからの手作りの贈り物なのです。

お花がキラキラして、とっても可愛いデザインです。

シオモニからの手作りなんて、一生の宝物です。

 

そして3着目のチョゴリにはブローチ。

実はこちら、新婦様のおばあ様からお母様へ、そして本日新婦様へ…と代々受け継がれたブローチです。

 

そして、もう一つ、新郎様のオモニが作られたノリゲがございます。

一着目とまた全然違った雰囲気で、衣装にも大変よく似合っています。

 

新婦様がぜひ紹介をしてほしいとのことで、この3着目の衣装でメインテーブルにお揃いになった時に、ご紹介をさせていただきました。自然と拍手がおこりました。

 

ご両家のお母様から沢山の愛を受け取った新婦様です。

 

 

そしてもう一つ今日私が印象的だったシーンは、人前式で、親御様への一礼。

リハーサルの際、新郎様に、ご両親様へは、一礼でも、クンジョルでも、どちらでも構いませんとお伝えしたら、「クンジョルします。」と新郎様は即答でした。

本番、クンジョルをする新郎新婦様をアボジオモニは優しく抱きしめて下さいました。

 

親御様へ、心からの一礼をされた新郎新婦様。

ご挨拶中でもこのように仰っていたことが印象的でした。

「アボジのように、まっすぐで、正直な人間になれるように努力します! 」

 

そして最後に、どうしてもやりたいことがあります。…と新郎様。

まずは新婦様のお母様をお姫様抱っこ。

次に、ご自身のオモニをおんぶ。

人情味あふれる新郎様に、本日は200名を超えるゲストが集まり、かけ声や拍手が鳴り響きました。

結婚式は、普段なかなか伝えられない思いを伝える機会でもあります。

 

本日のお二人のように、心にある感謝を、愛を、ぜひ言葉や形に表現されて下さい。

2人でいると、いつも自然体でいられるというお二人。

今日の誓いを胸に、いつまでもいつまでも、お幸せに。

결혼을 축하드립니다…♡

●日韓バイリンガルMC

●日韓国際結婚カップルや、在日コリアンブライダル司会

●日韓ナレーター

●カヤグムの弾き語り

●記念日に贈るメッセージ時計               お問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事