今日は待ちに待った大学の同窓会!!

 

苦楽を共にしたクラスメイト中7人が集まりました。

 

場所は三浦海岸☆彡

早朝羽田へ向かいました。

次女を連れて、まずは宇部空港へバスの旅。行ってきまーす!

(下関のバス、シートの柄がふぐです♡)

 

この度の同窓会のために、幹事さんが本当に本当に頑張ってくれて、

ホテルや日程も、

子連れにすっごく気を使ってくれた。ありがとう( ;∀;)

 

大好きなチングたちと二日間しゃべりたおしながら、

楽しくて有意義な時間をすごしました。

 

優しく、頼もしく、

個性がとっても強く(笑)

芯の強い私のチングたち。

 

卒業してから17年。

全国ばらばらに暮らしているけど

今でもみんなこんなにも心が通って、

信頼でき、

応援し合えるなんて、

本当にありがたいことだなと思う。

 

どれほど濃い2年間をすごしたんだろう!と思います。

 

 

幹事さんがサプライズプレゼントで、卒業公演のDVDを持ってきてくれて、お部屋で鑑賞。

 

なんてレベルの高いこと!!(自画自賛。みんなで (笑))

個人的には記憶とんでる部分も多かったけど、

これみんなで見ながら、私は泣いてしまった。

いろんな思い出がよみがえってきました。

 

過ごした過程が、

今ある関係、絆なんだなって

あらためて思いました。

 

わたしたちは「音楽」を通じて出会った。

それだけでも音楽ってわたしにとってスペシャルです。

 

夜中にあーだこーだしゃべりながら、こどものピアノ教室の話になったのが印象的だった。

 

教室って

ピアノの弾き方、コンクールでの勝ち方、プロのなり方を教えるんじゃなくて、

ピアノを通して人生を豊かにするということを学ぶ。

 

ピアノだけに限らず、

スポーツも。

勝つため、とか、その時の結果をだすためじゃなくて、

一つのスポーツをとおして、人生を学ぶ。

その大きな中に、ひとつひとつの試合や、コンクールやらがある。この視点の違いは大事だねって。

 

友人の話を聞きながら、

こどもの成長についても考えさせられました。

 

みんなそれぞれ、自分の場所で、人生を楽しんでいるチングたち。

 

子連れで東京行って帰るの、

ベビーカー&大きなリュックしょって、

めっちゃキツイはずなんだけど、

 

この幸福感、癒され感はなんなのかなって思う。人って不思議だなぁ。

 

サランハヌン チングヤ~~

左から。

先ほどのピアノ教室の話を持ち出してくれたチング。

私のブログでは何度か登場してます、高音チョッテ奏者スギム

まだまだ大学生にみえるぞ4児の母はピアノ専攻。

その横ミョンミ(*’▽’)

ミョンミの右は、幼稚園から大学までずーーーーっと一緒。こんな縁あるんだって昨日はじめて気づいた(笑)彼女は音楽療法士の資格をとって、それをベースにリトミックの講師をしてるんだって。

その横は今回の幹事さん👏コールユーブンゲン大好きなミュージカル女優風保育士♡

右端ソプラノ歌手李千恵

 

 

次の日合流できたMCヒョナ!韓流スターの通訳やステージMCで活躍してますよ~

打ち合わせの前に会いに来てくれてありがとう♡相変わらず面白かった( *´艸`)

 

この世にたくさんの人がいる中で、こうして出会えた人は運命だと思う。

こないだのコンサートでスギムが言ってたのを思い出すよ。

 

二日間、17年前にタイムスリップしながら、

あの時の自分が笑えたり、いとおしく思えたり、

 

ひとつのチームで頑張った青春時代を思い出しながら、

 

「感謝」一言でかたづけられないけど

 

出会ってくれたチングたちに、

心からありがとう。

 

進学させてくれた両親にありがとう。

 

音楽の楽しさを教えてくれた小中学時代の部活の先生にありがとう。

 

娘たちにも、こんな出会いを体験してほしいな。

 

ひとつひとつの体験を通して、人生を豊かにしてほしい。

音楽もそのひとつになって欲しいな。

 

私は音楽を通して、大切なものに出会えました。

 

これからも、その喜びと感謝をわすれずに、ミョンミなりの、ささやかな音楽を奏でていきたいと思います。

 

 

次回の、幹事はこの方!!!私は補佐よ!!

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)