主人が突然、

「俺、いい男になるわ…。」(ためいきまじり)

と言ってきました。

「と、突然どうしたん?」と聞くと

「この子たちにとって男の基準って俺になるやろ?自分以下に惚れないように。男はこんくらいが当たり前!って思うように。」

「なるほど、、、」

それは夜の子供たちとの絵本読み聞かせタイムを終えて言ってきた言葉でした。

なんか、

将来を想像して、寂しくなったんでしょうね。

そう考えてみたら、いろんな面で子供は親の枠から抜け出すのがなかなか難しいですよね。

ものごとのとらえ方、お金の使い方、たくさんのことが親の影響。

どんな人と付き合っていくかも、少なからず親の影響があるはずです。

最近長女が私に『オンマっていいな。アッパと結婚してるから。わたしもアッパと結婚したいなぁ。』ってぼそっと言ってた。

まだ結婚なんかわかってない歳ではありますが、かわいいこと言いますよね。(#^.^#)

ずっとアッパが大好きな存在であって欲しいな。

そしていつか素敵な人に出会って欲しい。

世のお父様方。

娘が素敵な人に巡り合って欲しければ、自身の男磨きをしたらいいかもですね!(^^)!(うちの主人論 (笑))

男磨きの第一歩として(?)長女と毎日トイレ掃除をしてくれます。

皆様これからのトミー(主人)にこうご期待☆彡

娘たちよ。家飲みでタイガーマスクをかぶったりする旦那さんを選ぶかもしれないけど、、、(/ _ ; )

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)