「こんな風に育って欲しい」という強い願いはかけないでおこう。

 

娘がこうなったら…娘にこんなことができたら…

思えば思うほど

それはこどもには押し付けで、

 

成長する過程で

大きな負担になっていかないように。

 

もちろんこどもの姿に色んな夢を描くけど、

それが強制になったり、プレッシャーを与えたりしていないか気を付けたい。

 

経験はたくさんして、失敗もたくさんして。

 

ただただ楽しんでいる姿を応援したい。

 

「育」という言葉は、

「育てる」と

「育つ」の二つの読み方。

 

「育つ」を見守れる親になりたいな。

 

あらためてそう思った、娘のバレエ発表会でした。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。