九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

なかなか実家に帰っていないお嫁さんへ

 

私の実家は車で一分のところにあります。

なのでほぼ毎日両親に会うことができます。

 

姉は福岡、妹は北海道。

 

遠くに嫁いだ人が、家に帰るのを遠慮したり、気を使ったりする人はけっこう多いですよね。当たり前のこととは思います。

 

新しい家に嫁いだんだし、もちろん嫁ぎ先の事情や関係もありますが、実家の親と過ごす時間は大切にできたら…と思います。

 

私たち姉妹は、

会える時に会おう。

帰れる時に帰ろう。

 

そう姉が話してきたことがありました。

 

 

幼い頃や学生時代は、毎日両親と過ごしてきました。

 

嫁いでから姉は2か月に1回ほどは帰ってきます。

でも、2か月に1回帰るとしても、年に6回。

私はほぼ365日会っているのに(おいおい!)

たったの6回ですよ!

 

じゃあ残りの人生、両親とあと何回会えるだろう。

いつまで元気でいてくれるだろう。

 

このような話を姉がしてきたとき、なんだか涙がこぼれました。

 

1~2か月に一回帰る姉に、帰る回数が多いという人もいる。

北海道の妹は、一回帰ってきたら1か月以上滞在してすごいね~っていう人もいる。

 

結婚をすると、もちろん結婚相手の家の家族になります。

 

でも実家もずっと変わらぬ家族。

 

 

今なかなか会えてない両親はいませんか?

アボジ、オモニは元気ですか?

 

両親に限りませんが

会える時に会いに行きたい。

 

会える時間と環境があるなら、少し実家に寄ってみませんか?

 

会えないときはせめて電話をかけて

すこしだけ声を聞いてみませんか?

 

親との時間は、永遠ではありません。

●日韓バイリンガルMC

●日韓国際結婚カップルや、在日コリアンブライダル司会

●日韓ナレーター

●カヤグムの弾き語り

●記念日に贈るメッセージ時計               お問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事