今日は運動会。

運動会から帰ってきても、まだまだ公園で遊ぶ。

こどもたちの体力は底なし(; ・`д・´)

 

幼稚園最後の運動会、去年までと違うなと感じたことがあります。

 

それはこの期間、運動会の練習の報告を、毎日してくれたこと。

 

どれほど楽しみにしているんだろうと、聞きながらわくわくしていました。

 

時には「足が遅いんよねー。どうやったら早く走れるんかな。」と聞いてきたり。

 

ダンスのここを頑張っとるんよね、と踊ってくれたり。

 

当日の今朝はお友達にお手紙も書いていました。

「りれえの ばとん がんばろうね」

 

一つの行事を迎えるのに、ここまで盛り上がっている娘を見るのが、毎日ホントに楽しみだった。その意欲に関心です。

…というより、ここまで気持ちを盛り上げてくれた、幼稚園の先生たちに関心…、感謝しています。

 

幼稚園三年間、かけっこはずっとビリだった長女でしたが、今日めいっぱいの力で走っている姿が本当にまぶしかった。

 

運動会、発表会…ただたんに迎えるんじゃなくて、

 

目的をもって、やるきをもって、参加することで、心も体も、成長度合いが違うと思う。

 

そう思うと普段からそう心がけ支えて下さった先生たちに、ありがたい気持ちでいっぱいになります。

 

年度末にかけて、まだまだ子供の行事は盛沢山。

幼稚園での楽しみを家でも家族で共有しよう。

幼稚園と二人三脚で、子どもの成長を見守ろう。

 

ああ、卒園を想像しただけで涙が出そうです。

 

 

最近子育てブログ気味ですが、お仕事も真面目にしております。

週末は司会二本立て☆彡頑張ります。

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。