断食…。

計画断食ではありません。

歯痛による断食です。(:_;)

 

2日とちょっとご飯が食べれませんでした。

もう、痛くて痛くて死ぬ思い。

火曜日に歯痛が始まって、予約が取れたのは木曜日午後5時!!!!

何度も電話で泣きついたけど、木曜五時!!!!

※性格上決めた歯医者しかいけない…。

 

とりあえず痛み止めだけでもともらいに行きました。

1人運転中わんわん泣きながら(笑)

 

その痛み止めも授乳中なので、カローナールを飲むだけ。

めっちゃ…効き目が弱い…。

 

何か食べようとすると、激痛。

カロナールでしのぐ。

 

あ、断食と言ったけど、そういえば水曜日の昼にそば三分の一食べました💦

 

どうにか4時間おきのカロナールで繋いで繋いで、一日目、二日目、三日目木曜日が特に予定ぎっしりで泣けたけど!

精神力と家族への八つ当たりで乗り切り、やっと五時!!歯医者へダッシュ!!!

 

無事、神経抜きました( ;∀;)

 

最終的に空腹と授乳でふらふらになり、そっちゃんを抱っこするパワーもなかった私。

 

 

その日の夕食、

ごはんが……

なんておいしんでしょう( ;∀;)

 

で、久々空腹感を感じながら思ったのが

 

もちろん生活に支障が出る程はダメなんですが、

適度な空腹って気持ちよくないですか?

体も軽い。

 

必要な時に、必要な分だけ取ればいい。

 

そして、あらためて健康のありがたさを思い知らされる。

 

これを機に、なんでも少し余裕をもつことを大事にしようと心掛けました。

 

お腹は常に八分。

体が喜ぶものを適度に。

 

持ち物も、スケジュールも、

八分目くらいがちょうどいいかも。

 

2割の余白を大事にしよう。

 

 

とにかく陣痛並みに痛かったこの三日間。

 

家族にもすごく迷惑かけて優しくしてもらって、また一つ学んだミョンミでした。

 

久々飲んだラテが、しみる~~( ;∀;)

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)