九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

韓国語が上達するための、たった一つの方法

必要性を感じること

技術というよりメンタル面ですが。

 

 

私の主人は韓国語が話せません。

ですが最近メキメキと読みが上達しています。

 

何が変わったか。

それは読めるようになりたい!という思いひとつです。

 

結婚してから数年、何度も私は韓国語を主人に教えました。

ちゃんとレッスン日を決めて。

金曜日の夜です。

テキストもノートもそろえて、やろうとしても、

教わる主人より、教える私が燃えている!

教わる主人は当時そこまで必要性を感じていなかったので、

勉強よりビールを飲みたい。

 

「だってミョンちゃん、金曜日だよー」

金曜日を決めたのはあなたです。

 

そうこうしてどんどん自然とレッスンはなくなっていき、

主人は自分から頼んできたのになぜか楽なカンジになり、私は腹が立ち。。。

 

でもまた時間がたってやろっかな、というのでちょっと教えてみると、またスケジュール合わなかったり、きつかったりで断念。

 

そこで私は決めました。

死んでもこの人に韓国語は教えない、

二度とこの人には教えない、と。

 

そして何年か経った今、彼はハングルを読み始めました。

それはなぜか。

この数年の間に、仕事や人との関わりの中で、本当に韓国語を学びたいという動機がはっきりし、覚悟ができたからです。

 

そこから参考書を何冊も買い、

(ここはお小遣いではなくなぜか家計からです)

時間をみつけては、サ・ム・ゲ・タ・ン…とか読んでいます。

そして「なんで濁った発音になるの?」とか聞いてきた時だけ不機嫌に答えるようにしています。(が、内心感心しています。)

 

だから、興味のないものやろうとしたってそもそも無理なんですよね。

何かを学ぶなら本当にやりたいか、何のためにやるのか、心の整理がまず大事。

語学にしろ何にしろ、それを必要としているかどうかが、

身になるかどうかの第一歩ではないでしょうか。

 

姉のが上手 (笑) 上は母です♡

 

■6月よりゼロからはじめる韓国語教室開講いたします。

また改めてお知らせいたしますが気になる方はお問い合わせこちらへ❤

The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事