アンニョンハセヨ。

日韓バイリンガル・ブライダル司会者の
オ・ミョンミです。
{27732FD8-03FF-4376-AE0D-7D1B0C7E2DCD:01}

今日は海外に長くお住いの

新郎新婦様のご披露宴。
海外だと何が大変か、
まずプランナーさんと挙式披露宴の
打ち合わせを直前まで
対面でできないことですよね。
なので親御様に
メインで打ち合わせをして頂いたり
メールや電話でやりとり。
…といった感じになりますので
新郎新婦様も
不安が大きいかなと思いますが>_<
本日担当のプランナーさん、
誠心誠意この期間をサポートしておりました。
今朝会った時もその方
めちゃめちゃ気合入っていましたので
(あもちろん気合だけでなく実務も)
海外、遠方の方、ご心配なく
プロにお任せ下さいね?^_^
気になることは
なんでも聞いて頂けたら
いいと思います。
司会打合せも二日前に行いました。
海外だけでなく
国内の遠方の方も
直前の打ち合わせ、ということが
多々あります。
1日2日ですべての打ち合わせや確認をして
不安や緊張もあるかと思いますが
実際そんなお声を耳にします。
司会者として直前打ち合わせは
全くマイナスなものではありません!
もちろん長時間かけて準備する作業や
大きな変更などは
難しくなってきますが
個人的に良いと思うのは
披露宴当日がとても
リアルに感じられることです。
新郎新婦様と2日連続で会う事自体…
昨日話したばかりのひとたちが目の前にいらっしゃる
司会者がリアルに感じているということは
それが言葉を通してお客様に伝わっている
のではないかと思います。
以前ブログにも書きましたが
人は次の日には5割を忘れるといいます。
司会者はお客様とのお話を
進行内容以外にも
エピソードやポイント、注意点など
メモっているんですが
(ガンガンメモります、帰ってからとか^_^;)
復習しなくても
自然に出てくる
…といった感じで
良い意味で緊張が和らいで
ホームな感じでマイクを持てたりするんですよ。
逆に期間のあいた打ち合わせは
何度もシミュレーションしたり
より良い言葉を探したり、
私の趣味である
《妄想披露宴》の時間が増えるので
それはそれでホームになります 笑
事前にSkypeやメール、
電話での打ち合わせも
もちろん可能ですよ^_^
{498B3FAA-21E4-47FB-AF23-B600D64C8A8F:01}

今日のテーブルフラワー?
新郎新婦お二人が
最幸の当日を迎えられるよう
私たちブライダルスタッフは
いつでも
全力でお手伝いをしようと
心がけています。
なので
直前打ち合わせは不安?
いいえ、安心してお任せ下さいね^_^
【司会打ち合わせってどんなカンジ?】
    過去記事こちら



The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。