悩んでるとき、結局どちらを選択してもいいんじゃないかな。

こっち!て決められるならそもそも悩まないですよね。

 

だからどっちでもいい。

 

でも!答えが出せないなら人に頼ってみよう。

 

人って欲しい答えをくれる人に相談するんですって^^

 

今日私が相談したのはmahaloのMika さん。

彼女はマナカードのセラピストさんです。

 

今日私は一枚のカードを引きました。

私がひいたのはTAPA。

TAPAはハワイの神聖な布。

この絵はタパに夫婦が一つになって包まれています。

夫婦の意見を一つにすることが大切…ということをもとに、具体的なアドバイスをもらいました。

 

そうそう、今朝、とある悩んでることで、主人と意見がわれてモヤモヤしていたところでした。

このまま私だけの意見で決断をしたら、家族にとってホントに良くなかったなと思う。

 

それで夜は望加さんにもらったアドバイスをもとに、

夫婦で話合ってみたら、お互い納得して、すっきりした。

 

 

悩んだ時、こうやって誰かに背中をおしてもらうのはとてもいいと思う。

でも相談するなら信頼できる人に!

じゃないと後で何か問題があった時後悔するから。

 

あらためて思ったんですが、セラピストってすごい。

悩みを察知する力もあるのかな?

話してるとだんだん不安がなくなって、柔らかい気持ちになって、しっかり答えも出せました。

 

 

迷っているとき、悩んでいるとき、背中を押して欲しい時はこの方にお話を聞いてみてはどうでしょう。

 

Mika さんのmahaloFacebookページ

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)