九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

悩んでいるときは、結局どちらを選んでもいい。でも背中を押してもらいたかったら!

 

悩んでるとき、結局どちらを選択してもいいんじゃないかな。

こっち!て決められるならそもそも悩まないですよね。

 

だからどっちでもいい。

 

でも!答えが出せないなら人に頼ってみよう。

 

人って欲しい答えをくれる人に相談するんですって^^

 

今日私が相談したのはmahaloのMika さん。

彼女はマナカードのセラピストさんです。

 

今日私は一枚のカードを引きました。

私がひいたのはTAPA。

TAPAはハワイの神聖な布。

この絵はタパに夫婦が一つになって包まれています。

夫婦の意見を一つにすることが大切…ということをもとに、具体的なアドバイスをもらいました。

 

そうそう、今朝、とある悩んでることで、主人と意見がわれてモヤモヤしていたところでした。

このまま私だけの意見で決断をしたら、家族にとってホントに良くなかったなと思う。

 

それで夜は望加さんにもらったアドバイスをもとに、

夫婦で話合ってみたら、お互い納得して、すっきりした。

 

 

悩んだ時、こうやって誰かに背中をおしてもらうのはとてもいいと思う。

でも相談するなら信頼できる人に!

じゃないと後で何か問題があった時後悔するから。

 

あらためて思ったんですが、セラピストってすごい。

悩みを察知する力もあるのかな?

話してるとだんだん不安がなくなって、柔らかい気持ちになって、しっかり答えも出せました。

 

 

迷っているとき、悩んでいるとき、背中を押して欲しい時はこの方にお話を聞いてみてはどうでしょう。

 

Mika さんのmahaloFacebookページ

 

●日韓バイリンガルMC

●日韓国際結婚カップルや、在日コリアンブライダル司会

●日韓ナレーター

●カヤグムの弾き語り

●記念日に贈るメッセージ時計               お問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事