子連れで釜山に行くのに、フェリーは楽ちん。

特にお部屋を和室にすれば、自宅で過ごすようにゴロゴロしてたら、いつの間にか釜山です。

しかし!

この度私たち家族は、1つ失敗をしてしまいました。

それは食事!

乳児、幼児を連れての関釜フェリーは、食事は持ち込みの方が断然いい!

それはなぜかというと

「時間」

この度は団体客が多く、レストラン利用時間が19:45から

我が家の夕飯は18:00。待てるわけがなかったのです。

お腹が空きまくっている子供にはおやつを与えるしかなく、その後のレストランではしっかり食べるはずありません。(T_T)

もう1つはメニュー。

リニューアルもされて色んなメニューもありますが、偏食なうちの娘には中々…(-_-;)


買うときは食券ね。


しかも長女は水もこぼしたりするし、次女は常にパタパタしてるし…。

落ち着かない…。笑

大人たち全員、

「子連れの今回は部屋で食べるべきやったね…」

というわけで、子連れで関釜フェリー。

食事は持ち込みをオススメします!
おまけ情報。

一等船室は

お茶セットとか


歯ブラシ、タオルなどもあり、シャワー&トイレもあります^_^

※関釜フェリーは「はまゆう」と「ソンフィ」の二種類の船があります。コンビニは「ソンフィ」にしかないのでお気をつけを❤︎

◾︎子ども韓国語教室詳しくはこちらこちら

◾︎日韓バイリンガル司会お問い合わせこちら

◾︎韓国を味わえる私のお店❤︎ソリナムが6月26日ランチスタートします!

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)