九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

在日韓国人特別永住者が出産後子供のパスポートを申請するまで

 

まずは子供を韓国の戸籍にのせることからはじまります。
必要書類を持って領事館へ。

①出生届受理証明書とその翻訳

②家族全員の住民票

③特別永住者証明書

④申告人(保護者)の特別永住者証明証

⑤申告人の印鑑
これを持って窓口で出生届の申し込み。
この際申請人の家族関係証明と婚姻関係証明が必要になるので、

領事館で発行してもらいます。

手数料は1通165円。

この発行だけで4〜5日かかります。
また、子供の在外国民登録もしなければ行けないので、その手数料も55円かかります。
これでまずは、子供を韓国の戸籍にのせる‼︎が完了。

次にパスポート申請。

①特別永住者カード(在留カード)の裏表コピー

②カラー写真(3.5㎝×4.5cm)1枚

③旅券申請書
④初めて旅券を作る場合は、これに基本証明書、家族関係証明書

を、領事館で申し込み!

私は面倒だったので時間はかかりますが民団にお任せすることにしました。

だって、広島領事館まで行けないもん!( ; ; )
着々と韓国旅行の準備はすすんでいる!

●日韓バイリンガルMC

●日韓国際結婚カップルや、在日コリアンブライダル司会

●日韓ナレーター

●カヤグムの弾き語り

●記念日に贈るメッセージ時計               お問い合わせはこちらへ
The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事