ユニティーキャンドルをご存知の方は
いらっしゃるのではないでしょうか。

韓国の結婚式でもこれに少し似たセレモニーが行われます。
それが

<ファチョッチョムファ>????です。

アンニョンハセヨ。

日韓バイリンガル・ブライダル司会者のオ・ミョンミです。
下関を拠点に、山口・九州で司会やカヤグム演奏など行っています。

今日も皆さんにオススメのセレモニーを

ご紹介します^_^


<ファチョッチョムファ>????

挙式が始まる前に
ご両家のお母様が壇上サイドのキャンドルに
点火をするセレモニーです。
(披露宴の演出としておこなっても

    いいかと思います。)

ファッチョッチョムファには
ご両家がひとつになるという意味と

両家母が新郎新婦の新しい未来を照らす
という意味が込められ

ご両家のお母様からの祝福と
幸せへの願いが込められています。

私の結婚式の写真でご紹介しますね^^

両家でお迎え。
オモニ(お母さん)たち、お揃いのチョゴリです。

韓国では両家母が
お揃いのチョゴリを着ることも多いです。
新郎側はブルー系、新婦側はレッド系。
(由来は陰と陽の結合からだそうですがそれはちょっと置いといて…)
あ、もちろんお揃いでない場合もありますよ!

キャンドルもブルーとピンク

こんなカンジでお花を飾りました

開式の前に両家母紹介。

写真にはありませんが
手をつないで仲良くメインテーブルへ
進みます。

それぞれのキャンドルの前へ。

司会者の合図と共に
点火します。

シオモニまさかのフライング??笑

そして皆様の方を向いて一礼。
両家母お席へ。

…という流れです。

母が灯してくれた
灯りのそばでたてた誓い。
一生忘れることができません。

結婚式やご披露宴の演出に
いかがでしょうか。

(おまけ)

両家で行く衣装選びも
とてもいい思い出になりました^^

迷いに迷うオモニたち~

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。