アンニョンハセヨ。

日韓バイリンガル・ブライダルMCの
オ・ミョンミです。
下関を拠点に、
司会やカヤグムの演奏活動を
行っています。
今日は会場に早く着いちゃいました。

 

今日のご披露宴の内容は
比較的シンプルでした。
少ない演出、沢山の演出、それぞれ
順序や流れを大切にすることは
ご披露宴全体の雰囲気にも関わるので
とても大事なことです。
今日はその一例をご紹介します。
本日のご披露宴の場合。
新郎新婦様が入れたかった演出の一部は
・ケーキカット
・子供たちにプレゼント
・2名のお子様からのお祝いの歌
だったのですが、
より楽しい流れに組み立てた場合
2名のお子様からのお祝いの歌
↓↓↓
ケーキカット、ファーストバイト
2名のお子様へ、ご褒美のサンクスバイト
(子供たち大喜び、他の子供たち羨ましい 笑)
↓↓↓
「実はみんなにもプレゼントがあるんだよ~」
子供たち15人にプレゼント
(子供たちわ~~~!大喜び)
という進行になりました。
ほんの一例になりますが
こうすることで
進行もスムーズですし、
歌われたお子様をたてつつ、
他の子供たちの喜びも増します。
{49BC6D52-2358-4D75-AD10-B9F064AF8B44:01}

 

今回のこの提案は
打ち合わせに同席された
担当プランナーさんからです^ ^
こんな風に司会者、プランナーは
皆さんがやりたいという提案を、
より喜んで頂ける形になるよう
工夫をしています。
少ない演出を広げる
沢山の演出をスマートにする
それらをより効果的に…。
私たちが常に考えているところです。
今日も本当に楽しく幸せな
ひと時でした。
{282271B5-1A03-428E-9EEC-E48545346DC4:01}

 

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。

最新記事 by ミョンミ (全て見る)