会場は、春✨

桜が美しく飾られました。

実はこの花器、

新郎様のお父様が直接山に行かれ、竹を切り、準備された竹の花器です!

すごい〰️〰️‼️

そして素敵‼️

と、序盤から声をあげた私でした。

会場全体が明るい雰囲気に包まれていました。

今日はお客様のやりたいこと、盛り沢山の披露宴だったのですが、中でも私が感動したのが、

『新郎様から新婦様へのサプライズレター』

その言葉一つ一つに心がこもっていて、きっと会場にいた女性みんなが羨ましい!と思ったほど、素敵なお手紙でした。

新郎から新婦への手紙は、私はとっても好きなシーンの一つです💕

お二人らしい内容をいくつかご紹介しますね。

折り鶴のネームカードホルダー。

二人が手作りされたものですが、この折り鶴の柄が五色ほどあって、後半でゲームに使わせてもらったり。

ブーケのプレゼントは、新婦様のご友人二人へ。

新婦様お持ちのブーケが、実は二つのブーケでできていたのです💕

新郎入場は、ご友人と掛け声で気合いを入れながら。刑事さんです。笑

などなど

お二人のあったかい人柄が伝わってくるご披露宴でした。

新婦様のお兄さんが、

『日本一美しい妹だ』と力強く言ってくれたり、

新郎様の友人代表の男性がスピーチで喜びのあまり泣いてしまったり、

二時間半の間に涙と笑顔が凝縮された、そんなひとときになりました。

お二人の大切な思いでの1日を共に過ごさせて下さり、ありがとうございました。

お二人の末永いお幸せをお祈りいたします。

来週はチャペルで結婚式です。

神前式、チャペル式、人前式…それぞれの良さがありますね☺️

ではではまた〰️

◼️日本語韓国語ブライダル司会、お問い合わせ

myongmi.t☆gmail.com

☆を@に変えて、メールにてお問い合わせ下さい。

The following two tabs change content below.

ミョンミ

オ・ミョンミ  1981年山口県下関市生まれ、下関在住。 在日コリアン三世。二児の母。 幼少期から民族学校で母国の言葉や文化、歴史を学ぶ。 朝鮮大学校教育学部音楽科を卒業後7年間、地元母校の初級部にて教鞭をとる。その間民族楽器カヤグムと、コーラスの部活動のレッスンを担当しながら、沢山の子供たちの指導にあたる。 その後ブライダル司会者を志し、司会のスキルとホスピタリティを学びながら、同時期に、幼い頃から大好きだったカヤグム弾き語りの音楽活動を始める。 2011年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動を始め、日本人カップルや、コリアンブライダル、国際結婚など600組以上のカップルのブライダルパーティー施行。 2019年、父と義父の病気と死によって、体と心についての学びを深める中、ヨガやボイスヒーリングの素晴らしさを体感する。 「声と共に、体と心が癒される。」 声×体×心の調和をボイスヨガや司会業、演奏活動を通して心地よい生き方、幸せな生き方を伝えています。