九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

お客様にもう一度足を運んでもらう方法

お客様にもう一度足を運んでもらう方法、それは…

予想以上の満足を与える。

…て、当たり前のことかもしれませんが。

 

あなたが初めて行くお店。どこかしら期待をしていくわけですよね。行きたくない店にわざわざ行きません。

その、期待どおりだとOK。また行くかもしれませんよね。

この場合あくまでもかも!

 

でも思ってたより、少しでも期待以上だと、そこには小さな感動があります。

また行こうと思うのです♡

 

なぜこんなことを今日書いたかというと、

先日二度目はないだろうなぁというお店に行ったから。

 

あまりにも抱っこで肩腰が痛かったのでマッサージに行こうと急きょ決定、いつも行ってる整骨院さんはお休み、何度かいったことがあるマッサージ屋さんは数か所いっぱい…。

そこでフリーペーパーに紹介されていたマッサージに行くことにしたのです。

電話の対応も柔らかく、お店に伺った時もとっても人当たりのいい方でした!

 

しかーーし!

 

癒されない!

 

癒されない理由その1、清潔感がない

マッサージサロンでそれはない。涙 飲食店でも同じだけど、床!床!

この時点で、ああ、選択ミス…と後悔。

 

理由その2、コンセプトがわからない。

全体的に『和』なカンジなんですが、曲がエンヤ!!!

雰囲気的にここは自然音じゃないか?川のせせらぎとか小鳥のさえずりとか?とりあえず洋じゃない。

しかも音が小さすぎて聞こえない。涙

 

理由その3、施術者の『もう治りましたよ。』の連発

治ったか、治ってないかは、私が判断しましょう。

 

…とこんな感じで、私のようなお客の来店機会をきっと逃しているだろうなと思ったのです。

 

私の期待がそのお店とトントンもしくはそれ以下だったら、また行ったかもしれません。

 

お客様にもう一度足を運んでもらうには、お客様の期待をちょっと超えればよいのではないでしょうか。

 

わたし自身、お店経営の勉強になりました。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。

関連記事