九州・山口 韓国語司会、ブライダル司会、カヤグム弾き語り

menu

日韓バイリンガルブライダルMC オ・ミョンミのブログ

「できる」と「上手い」と「良い」について

できる<上手い<良い。
良い作品、良い演奏は、結局、個人の魅力やオリジナリティだと思う。

 

大学時代友人が、ある人を見て、

「あの人はピアノが上手いんじゃない、弾けるだけ。」

…と言ってたことを思い出す。
あの時私から見たら、めちゃめちゃ上手いやん!と思った記憶があります。
技術的に一定のレベルにまでいくと、素人にはもうその差はわかりません。専門的であればあるほど。

 

楽器の良さとか、音色とかも、素人にはわからないんですよ。
じゃあ何が「あ〜〜、今日の演奏良かったね〜〜」ってなるかというと、やっぱりその演奏に魅力があるかどうか、オリジナリティがあるかどうかではないでしょうか。

そこで私の思う魅力とは、その人の思いがいかに表現されるかだと思うのです。

思いというのはその芸術や楽器に対するおもいであったり、その楽曲に対する思いであったり、また、人に対する思いであったりいろいろ。
そういえば数年前、下関でフルーティストのソン・ソルナムさんの演奏を聴いたことがありました。

銀のアルトフルート、1000万円のプラチナのフルート、2000円の笛、ただの鉄パイプでそれぞれ演奏してくださったんですが、どれも素晴らしい演奏でした。

こちらから聞けます♡

 

でもその魅力ある演奏や表現をするためには、一定の高い技術が必要だと思う。
そのレベルに達するには、持って生まれた才能もあれば、繰り返し繰り返し練習する力など色んな力が必要。

…だけど、やっぱり伝わるのって、それが本当に好きかどうかじゃないかな。
ただ仕事でシェフをしている人より、料理が好きでたまらないシェフのコース、食べたいですよね?(でもプロだったらマズかったらダメ(;_;)、だから技術は前提ですが)

 

好きだったら繰り返し練習だってきつくてもきつくない。だって好きなんだから。

思いが間違いなく技術を高めてくれる。

そして好きな気持ちがその人らしさを表現していく。作品に表れてくると、おもうのです。

それがオリジナリティになり、魅力になっていく。


というのは、演奏や舞など表現者について思ったことです。一昨日の歌舞団のステージを見て考えたことです。過去記事こちら


私も大好きなこのお仕事を磨いていきたいと思う。

ブライダル司会者は主人公じゃないから、ステージのパフォーマーとはまた違うけど、良い司会を目指したい。そのために前提の技術を磨かなきゃ。
今日もブライダルMCの打ち合わせでした。

結婚式はお客様にとってたった1日の大切な時間。

当日は新婦様に最高の笑顔になって欲しい。(もちろん新郎様もですが 笑)

お客様にとって「良い司会」であれるよう、日々努力していこう!

司会者にとっての「いい司会」は、「いい披露宴だったね」っていうお言葉だと思う。
…と、帰りの電車の中で気を引き締めるミョンミでした。

 

 

▪️日本語・韓国語ブライダル司会お問い合わせはこちらよりどうぞ。

The following two tabs change content below.
ミョンミ

ミョンミ

オ・ミョンミ  ブライダルMC、日韓バイリンガルMC、ウッドバーニング作家。 1981年下関生まれ。下関在住の在日コリアン3世。二児の母。 幼い頃から民族学校に通う中で、韓国のことばや文化に親しみ 小5から始めたカヤグムと歌は今でも大好き。 大学卒業後7年間母校にて教鞭をとり、2008年より日韓バイリンガルのブライダルMCとして活動開始。600組以上のカップルを担当。 「結婚」と、「韓国」のステキを発信中。
ミョンミ

最新記事 by ミョンミ (全て見る)

関連記事